FC2ブログ

ちゃたろうののほほん日記

大好きな矢田亜希子さんネタから、芸能ネタ、PC・IT・ケータイネタ、 最新トレンド、B級ニュース、さらには、ふとおもったことを紹介!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『VOICE』公式サイト矢田亜希子さんインタビュー掲載♪
フジテレビの「ヴォイス~命なき者の声~」の公式サイトの「INTERVIEW」のページに、夏井川玲子役のちゃたろうの大好きな矢田亜希子さんのインタビューが掲載されています♪
v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪


以下、引用します。


――06年に出演された『トップキャスター』以来となる連続ドラマですね。
 そうですね。ずい分久しぶりでしたけど、だいぶ感覚が戻ってきたといいますか、徐々に思い出してきました(笑)。.
でも、やっぱり連ドラは早いですねぇ。今は、撮影も8話とか終盤に入りましたが、「もう8話なの?」というくらい、
1クールは本当にあっという間です。

――収録現場の雰囲気はいかがですか?
みんな仲がよくて和気あいあいとしていてムードがいいですね。私は、時任(三郎)さん、泉谷(しげる)さんとご一緒することが多いんですが、
大人チームもふわんとした楽しい雰囲気です。

――今回、演じている“助教”の玲子役は、法医学教室という、なかなかなじみの薄い職場に生きる女性です。どんなことを意識して演じていますか?

 最初に玲子の設定を聞いたときは、仕事ができてパキパキとしたしっかりとした人間――完璧主義的な女性をイメージしていたんですけど、
演じるうちに、どんどん面白い部分が見えてきました。
玲子さん、かなり変わっていると思います(笑)。

法医学のプロとしての意識が凄く高くて、仕事はきっちりこなしたいという思いがあるのがよくわかるんです。
そんなちょっとのズレも許せないタイプの人なのに、一歩、法医学から離れると、ゼミ生が何人残るか蕪木(泉谷しげる)さんと賭けをしたり、
佐川先生(時任三郎)との会話でも結構、挑戦的だったりと、「あ、そこはいいんだ」と、ツッコミを入れたくなるところがありますね。
そういう人間らしいところが垣間見られるのが面白いなって思います。


――そのあたりが、ひとつのことを極める学者肌ということなんでしょうか?
 玲子さんは、佳奈子(石原さとみ)ちゃんが来るまで、唯一、法医学教室に残った女子学生だって言いますから、
同世代の一般的な女性とは多少違うだろうなとは思っていましたが、そうなんでしょうね(笑)。
でも、実際に大学の法医学教室で助教をされている女性にお会いしたら、その方もやっぱり独特の世界観を持った方だったんですね。

私の周囲には法医学に関係する人がいないので、生活のスタイルについていろいろと質問してみたら、
ご本人は、「友だちと食事にも飲みにも行きますし、普通ですよ」とはおっしゃるんですが、一方でオタク的にハマッてしまう趣味もあるそうで……。
そういうところが、法医学っぽいのかなって(笑)。

――それにしても、玲子のセリフは専門用語が多いですね。覚える上での苦労などありますか?
 いただいた台本を読んでから、玲子が言う専門用語をチェックします。それで、「ああ、いっぱいある」って(笑)。
でも、今回の場合、セリフは覚えるよりも先に理解するのが大切なんです。自分が言っている言葉や用語をみなさんに説明するためには、
何を言っているのか私が理解していないと伝わらないですから。
それが、かなり大変ですね。法医学に関する本や資料を読んだり、
セリフをきちんと理解するまでは大変ですが、でも、玲子のセリフには、関心させられることも多いですよ。セリフを言いながら、
「そっか、なるほどな」と考えさせられることがあります。

――玲子といえば、亮介(生田斗真)の憧れの存在でもあります。玲子は亮介に対してどんな気持ちがあると思いますか?
  すぐに法医学を辞めると思っていたのに意外と頑張っている姿を見て、どこまで頑張るのかな、とちょっと試すように見ているんだと思います。
玲子は、今まで学生たちが辞めて行っているのをたくさん見てきているので、その中で亮介に賭けているところはあるのかなって。

――玲子には、お父さんが有名な監察医という設定がありますが、彼女自身は、これからも法医学の道一筋で行くと思いますか?
 多分、彼女は若いときから自分の道をはっきり見つけて、決めることができる人だと思うんです。この仕事は、いつ感染症にかかるかわからない、
というリスクを背負っているからこそ、監察医であるお父さんに猛反対されていたんでしょうね。
でも、玲子は、それ以上に自分で法医学を目指して法医学の道に入ってきたんじゃないかと思うんですよね。そういう意味では、この先も極めていくんじゃないかなって。


――そうなれば、いずれは教授ですね。

  そうですね!……って、言っちゃいましたけど(笑)、多分、そうでしょう。私はそうなってほしいと思います。

――では、最後になりますが、視聴者のみなさまへのメッセージをお願いします。

 1話完結のストーリーの中で、毎回、さまざまな人間模様や人間の生死が描かれますが、そこで思うこと感じることは
人それぞれ違うんだってことを、痛感しています。
私自身、『ヴォイス』をやっているうちに、「人が亡くなってから後悔することのないように、今を大事に生きよう」と、より一層思えるようになりました。
大切な人にさよならも言えずに別れることになるなんて、悲しいですよね。でも、そんな日は突然来るかもしれない。
そこで後悔しないために、「生きよう!」って。
みなさんにも、少しでもそんなことを感じていただけたらうれしいなと思っています。


スポンサーサイト

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/02/20 22:45】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ちゃたろう

Author:ちゃたろう
大阪府在住。30代前半。男性。熱烈な矢田ちゃんファンです。おまけに、PC関係もあたらしい物好きのミーハー。( ̄∀ ̄ ) にゃはは
そんなおちょこちょいの僕だけど、どうか(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚よろしく♪
ちゃたろうの開設している

矢田亜希子さんの非公式ファンサイト「Akko's Planet」

も☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

アクセスカウンター

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

:矢田亜希子 :ブログ SEO対策:ファン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。