FC2ブログ

ちゃたろうののほほん日記

大好きな矢田亜希子さんネタから、芸能ネタ、PC・IT・ケータイネタ、 最新トレンド、B級ニュース、さらには、ふとおもったことを紹介!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』第6話「予期された入院患者」感想
月9『ヴォイス~命なき者の声~』の第6話『予期された入院患者』を見ました ♪ またまた、感動&涙での嵐でした。(T-T) ウルウル。ストーリーもおもしろかったです。

以下、ストーリーを混ぜながら、感想・・・。

★ネタバレ注意です。

今回は、遺体ではなく、生きている患者さんのテーマでした。また、兄弟2組のあり方を考えさせられる回でしたね。

医学教室のゼミ生・加地大己(瑛太さん)、石末亮介(生田斗真さん)、久保秋佳奈子(石原さとみさん、桐畑哲平(遠藤雄弥さん)、羽井彰(佐藤智仁さん)は、
佐川文彦(時任三郎さん)から生きている患者を診ると聞き驚く。

石末亮介(生田斗真さん)の父親・貴之(名高達男さん)が経営する石末総合病院の入院患者・朋子(志田未来)にに、ミュンヒハウゼン症候群―他人の関心・同情を得ようとするあまり、偽の症状を作り出し、
通院や入院を繰り返す症状――が疑われる
ため、主治医からその意見書の作成を依頼されたのだ。
同情や関心を核家族化の進行や、人間関係の希薄化が生み出した、いわば、誤った方法でしか他人の関心を集められない人が増えているのがいるかもしれない、人の寂しさが生み出した現代ならではの症例だと、佐川教授は語る。


 患者・相馬朋子(志田未来さん)は中学生の14歳で、数日前に、兄・泰人(石田卓也さん)(22歳)に付き添われ深夜に救急車で搬送されてきた。

泰人は、両親を早期に亡くし、兄の泰人が、大学に通って、妹も面倒を見ながら、バイトもしていた。
主治医によれば、初診で「偽膜性大腸炎」と診断されたが、血液検査では特に異常が見られないという。
さらに、朋子は半年前から大腸炎にかかり度々通院していて処方された薬を飲んでいるはずなのに、症状が悪化しているとも明かす。

そのとき、佳奈子の弟・ゆうき君(冨浦智嗣さん)が突然訪れる。
佳奈子に弟がいるんだといって一同驚く。
(σ( ̄。 ̄) あちきは、ゆうた君が、高音で一見女の声っぽくしゃべるので、男の子だと知りびっくりしました!!なかなか声変わりしませんね。)
ゆうき君は、和食の料理人を見習いでやっています。
小さいときに、佳奈子が作った弁当のたこのウインナーの足がまっすぐなので、姉に料理をやらせるとまずいなあということで、きっかけに料理人を志すことになったという


夏井川助教(矢田亜希子さん)は、石末総合病院に呼ばれ、車で病院に向かう。

矢田ちゃんの赤いスポーツカーはかっこよかったですね♪(ラスクリでもスポーツカーを運転していましたね。)
「乗らないならおいていくわよ!」と言って、亮介を誘います。
夏井川助教は、「年下には積極的なんだ!」と亮介をからかいます、
また、朋子ちゃんから、「本当は、あの人(夏井川助教)の事が好きなんでしょ!」と朋子にからかわれます。
図星!
夏井川助教と亮介は相思相愛なのかな?
( ̄▽ ̄)。o0○ ぽわわわわ~~~ん


朋子は、「天休」の「餃子もんじゃ」が超おいしい、私はその店で手伝いをしている。と亮介に語る。

朋子に会った亮介は、明朗快活な朋子が人の関心を引くために自分から病気になっているとは信じられないと語る。


「天休」の店主によると、朋子ちゃんは、一年以上、一度も休んだことがないと言う。…(1)

そんなとき、朋子の血液のデータ解析をした蕪木誠(泉谷しげるさん)は、血中に偽膜性大腸炎を発症できるという「ペニシリン」を見つける。

「ペニシリン」の入手経路や朋子の年齢(14歳)を考えると、「ミュンヒハウゼン症候群」ではなく、代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いがある。――他人の関心・同情を得ようとするあまり、自分以外のわざと身近の人を傷つけ看護している姿を見せつけ関心・同情を買おうとする行為――を言う。

一同からは、一種の児童虐待じゃないか!と唖然とする。

薬科大学に通っている唯一の親類の兄・泰人による代理ミュンヒハウゼン症候群が疑われる。

兄が病室にパジャマを持ってくると、「なんで(いつも着ている)パジャマを持ってくるの!?こんなの病院で着れないじゃん!」と怒る。…(2)

また、朋子は「学校に持っていた手作りの「ぞうきん」に大きく『豆』と書いてあったので、級友にいじめられたエピソードを大己に開かす。
でも、「お兄ちゃんには文句が言えなかった。寝ずに作ってくれたのを知ってたからさ。」
と朋子は大己に言う。…(3)


たまには、大己が、「佳奈子がゆうき君と二人水入らず」で過ごせばいいじゃん」といえば、「元気でやっているとわかればそれで十分。ただ、健康で生きていてくれればそれでいい
兄弟によって愛情の示し方が違う」と佳奈子は語る。…(4)

佐川教授と夏井川教授の調べから
兄のバイト先の月2回の欠勤日と、病院の通院日が完全に一致していた。…(5)
・薬科大学の薬品庫からペニシリンから不正に持ち出されていたこと…(6)

代理ミュンヒハウゼン症候群」である可能性が高まり、亮介と大己はショックを受ける。

児童福祉士から、虐待の疑いがあるとして、児童相談所に妹の朋子を一時保護する旨、泰人に言う。

ここで、大己が、
通院歴から、第2金曜日と第4月曜日をを必ず毎月休んでいること…(7)
夜中の3時23分に私服で病院で救急車に搬送されていること…(8)
に気づきます。

大己は(1)~(8)を総合し、「パジャマ!まだ、気づいていなかったんだ!」とひらめきます。

大己と亮介は朋子の兄・泰人の自宅を訪れる。

兄の泰人は妹へのペニシリン投与をあっさり認める。

大己は語ります。
「朋子ちゃんは『餃子もんじゃ』の欠勤を一度も休んでいなかった。
朋子ちゃんは兄のペニシリンの投与を事前に知っていたんですね。
それに併せて、休みのシフトを組んでいたんですね。

また、病院に搬送されたときに、パジャマ姿をきていなかったこと
病院に搬送されたときにパジャマ姿を見られるのはいやだったんですね。」

そのことを聞いて、兄・泰人ははっとします。

大己は「泰人の虐待した行為は許せない。でも、まだやりなせなる。でも、二人は生きているんだから」。


妹は、児童養護施設に預けられ、兄は、東京を離れ、病院で療養生活に努めることになった。

亮介は、妹が兄を思う気持ちを考えると、兄弟を引き離す必要があるのか疑問を抱き、悩む。
それに対して、「彼女にとって、真実を受け止めることでしか前に進めない」と佐川教授はいう。

最初に、朋子ちゃんが病院に運ばれたときに、看護師さんにがんばったと励まされて兄が泣いていたことをあかす。これが後の「代理ミュンヒハウゼン症候群」のきっかけになったのではないかと推測する。
でも朋子ちゃんは、「おかしいとは思ったけれど、お兄ちゃんがそれでいいならって…」と兄の行為を認めます。
大己は、「大学に入り、朋子ちゃんが中学に入ったことから、忙しくなる中、周囲の同情の声が冷たくなっていた。」と語ります。
朋子は、「兄には感謝している。このままでいい。何で私たち離ればなれにならないの?こんなことして誰が幸せになるの?」と強く反論します。

大己は「一回、東京を離れて、また朋子ちゃんを支えられる兄に戻りたい。本当に誰かの力になれる人って、自分のために生きている人と思うんだよね。自分を傷つけてまで、お兄さんを支えることは優しさじゃないよ!」と朋子を説得します。

また、久保秋の離ればなれに暮らしていてもきっちりと絆で結ばれている兄妹を見て、(4)のように、そばにいることだけが優しさじゃないんだな、って大己は朋子に語ります。

兄・泰人は療養施設に、妹・朋子は児童養護施設にいよいよ預けられる別れ際のシーンです。

兄は「ごめんな!」とうつぶせながら悪そうにぽつりと語ります。

妹は涙ながらに訴えます。「ごめんって一回じゃ足りないから!洗濯物をしたら、襟がよれよれになっているし、ぞうきんに「豆」って書いてあるし。昔からのことを考えたら、今回の事は全然ごめんに入らないからね。私は大丈夫だから。心配かけないようにもっともっと強くなるから。

兄は、妹の今回の虐待行為を心の底から許され、涙ながらに感激します。
この一言で、兄は少しはきっと救われたでしょう。
本当は、兄・泰人と妹・朋子は心の底では、深く通じていたんですね。
この二人なら、きっとやり直せるでしょう。/span>

今回は今までの、謎解きカラーが失せて、美談めいたストーリーになっていましたね。

まあ、でも、ちゃたろうの好きな矢田ちゃんの出番がいつもより少しだけ多くてよかった。( ̄∀ ̄ ) にゃはは

それにしても、Perfumeのネタが多いね。( ̄。 ̄ )ボソ...


なお、フジテレビのVOICEの公式HPに、毎回、法医学の専門用語の意味が掲載されています。
また、フジテレビのVOICEの公式サイトに、第6話の公式のストーリーが掲載されます。詳しくはこちらをクリック。
また、「ミュンヒハウゼン症候群」「代理ミュンヒハウゼン症候群こちらのエントリーも参照してください。

来週(第7話)は遺族による遺体の解剖拒否ですか。ちょっと難しそうですね。いよいよ、事故と言うより事件ですかね。来週も楽しみです。(o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))

スポンサーサイト

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/02/17 21:41】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(7)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「ヴォイス~命なき者の声~」法医学ファイル6兄の孤独を受け入れてしまったさきに許してしまった犯行
「ヴォイス~命なき者の声~」第6話は病院に運ばれた14歳の少女を診る事になった大己たちは症状からミュンヒハウゼン症候群を疑われ初診で偽膜性大腸炎と診断され処方箋も出されているのに悪化している。その中で大己たちは兄の存在に着目し、兄妹と2人で暮らしている中 オールマイティにコメンテート【2009/02/17 06:04】
ヴォイス~命なき者の声~ 第6話「予期された入院患者」
光反射でクシャミが出るんですね!知らなかった~Σ(*・д・ノ)ノ日本人の4分の1は光に注意ですねw今回は久保秋佳奈子(石原さと... 空色きゃんでぃ【2009/02/17 07:32】
ヴォイス~命なき者の声~ 第6話:予期された入院患者
Perfumeネタ、キタ- .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!初回に続き、またもやPerfume武道館の話題がっ{/eq_1/}{/face_sup/}こうなったら、ゲスト出演も夢じゃないかも~{/face2_happy_s/}てか、納豆とツナとマヨネーズと醤油を和えた『姉ちゃん丼』@小島よしおも、見た目の悪さの あるがまま・・・【2009/02/17 14:49】
ヴォイス~命なき者の声~#6
どんな理由があったって虐待はダメだってニュースで聞くたびに心が痛い兄のしてること知ってたのか行かないでこんないい妹いないよ『頑張ったね』って言葉に弱かったアキの弟くんは料理人。な~んだアキ料理ができるんだ弟くんにお手製弁当作っちゃってたこさんの足はくる.. Sweetパラダイス【2009/02/17 19:01】
ヴォイス~命なき者の声~ 第六話
法医学教室・ゼミ生の加地大己(瑛太)、久保秋佳奈子(石原さとみ)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)は、佐川文彦(時任三郎)から生きている患者を診ると聞き驚く。石末亮介(生田斗真)の父親・貴之(名高達男)が経営する病院の患者に、ミュンヒハウゼン症候 ドラマハンティングP2G【2009/02/17 19:06】
ヴォイス~命なき者の声~ 第6話(Voice 6)
ヴォイス~命なき者の声~ 第6話(Voice 6)2009/2/16(月) 21:00 フジテレビ「予期された入院患者」 「ヴォイス」の補足情報は→ランキ... 飯綱遣いの部屋【2009/02/17 19:51】
ヴォイス~第6話 感想
ヴォイスですが、今回のテーマは太陽を見るとクシャミが出るか否かです。もんじゃ焼きに餃子を入れるかどうかも論争の種となりますが、加地大己(瑛太)の面倒くささが止まりません。クシャミですが、光の刺激でも出る場合もあるようです。今回は志田未来などゲストが豪華で 一言居士!スペードのAの放埓手記【2009/02/17 23:05】
前のページ 次のページ
カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ちゃたろう

Author:ちゃたろう
大阪府在住。30代前半。男性。熱烈な矢田ちゃんファンです。おまけに、PC関係もあたらしい物好きのミーハー。( ̄∀ ̄ ) にゃはは
そんなおちょこちょいの僕だけど、どうか(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚よろしく♪
ちゃたろうの開設している

矢田亜希子さんの非公式ファンサイト「Akko's Planet」

も☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

アクセスカウンター

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

:矢田亜希子 :ブログ SEO対策:ファン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。