FC2ブログ

ちゃたろうののほほん日記

大好きな矢田亜希子さんネタから、芸能ネタ、PC・IT・ケータイネタ、 最新トレンド、B級ニュース、さらには、ふとおもったことを紹介!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「CLASSY」5月号に矢田亜希子さんの記事が掲載!
女性誌「CLASSY5月号矢田亜希子さんの記事が掲載されています。

5月号(3/28(土)発売、定価730円、光文社)の「CLASSY」で、表紙は相沢紗世さんです。リンクはこちら

特集は、「[大特集]スタイルよく! 大人に! 着回せる!「スマートかっこいい」にシフトしよう!」です。

この中の記事として、矢田亜希子さんも大好きです。新しいCHANELは『黒白』&『ピンク』」
が掲載されています。


早速、σ( ̄。 ̄) あちきも「CLASSY5月号を購入しました。( ̄▽ ̄)V いえーい!

矢田ちゃんは、139ページから5ページにかけてファッションの掲載(カラー)でしたね。
相変わらず、お美しいですね。
特にちゃたろうは3枚目と5枚目が好きです。( ̄▽ ̄)。o0○ ぽわわわわ~~~ん

CLASSYといえば、2ヶ月前の、3月号(1/28発売)にも矢田ちゃんが登場していましたよね。


ちゃたろうとしては、露出が派手じゃなくてもいいので、1ヶ月に1回くらいは、雑誌かトーク番組などのバラエティ番組などに出演してファンを楽しませてもらいたいものですね。

改めて、矢田ちゃんの今後の活躍と、ますますの美貌を期待したいですね。
それでは。(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪
スポンサーサイト

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/31 01:21】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(0)
月9「ヴォイス~命なき者の声~」最終回「別れの時、僕らの明日」甘口レビュー
月9『ヴォイス~命なき者の声~』の第11話(最終話)『別れの時、僕らの明日』を見ました ♪おもしろかったです。

★ネタバレ注意です。★

法医学ゼミもいよいよ修了の時期を迎える。5人がついに自らの進路を決定する時期が来た。

そのとき、東凛(とうりん)大学の解剖室に、胸をナイフで刺され死亡した、運送会社の配達員、成瀬喧一(ダンカンさん)の遺体が運び込まれる。刺したのは坂田潔美(きよみ)(近野成美)という女子高生で、ナイフを持って襲い掛かってきた成瀬ともみ合ううちに刺してしまった正当防衛を主張。彼女の体にもみ合ったときにできたと思われる傷があること、さらに、 成瀬が強制わいせつ事件で逮捕された過去があることからも、潔美の主張は正しいと思われる。

 ところがその後、加地大己(瑛太さん)、石末亮介(生田斗真さん)、久保秋佳奈子(石原さとみさん)佐川教授(時任三郎さん)が潔美の正当防衛に疑問に呈し、警察にもその方向で捜査を進めたほうがいいと助言したと聞き驚く。

潔美は大学の理事長の 親戚であったため、それを知った理事長は激怒。他大学に再解剖の依頼を出す。大学内では、鑑定結果次第で佐川の進退問題に発展するのではないか、との噂が 流れる。

同僚の長井(ガダルカナル・タカさん)は、成瀬は、心を入れ替え、奥さんとも結婚してまじめに暮らしていると語る。
成瀬さんの住所、潔美の住所、前起こした事件も埼玉県内で発生したため、前の被害者と潔美は同級生ではないかと推測する。

そのとき、教授会での審議の結果、ゼミの修了と同時に自分も法医学ゼミを去り、鹿児島の地方の大学に移ろうかと考えている、ということをゼミ生5人に伝える。

「君たちはここで立ち止まるな。ここで過ごした時間を無駄にするな!」
とエールを送る。
動揺する5人。

5人は、佐川教授が職を賭(と)してまで、正当防衛ではないと主張していることに、一同動揺する。

久保秋は、佐川に「法医学は残された遺族のためにある」と励まされ、渡米して研修する。
桐畑は、蕪木のアドバイスに従って、科警研(警察庁科学警察研究所)の道を歩くことを決意する。
羽井は、ゴールだと思えるまで、法医学を続けてみたいと語る。
石末は、法医学をやめて、父の総合病院の後を継ごうと語る。でも、法医学には感謝している。結局、それが一番勇気が必要で前向きな選択だから。

一方、大己は当初の希望だっただけじゃないので、法医学を続けるかどうか迷う。

大己は、潔美の友人の元を向かう。
強姦された裕子と潔美(近野成美)が友達であり、裕子がその後、それを苦に自殺したことをあかし、成瀬が無罪であることは絶対に許せないことだと語る。

大己は、本を引っ張らせたり、成瀬さんの身長を確認する。

大己は、「偶然じゃなかったんだ!」と語り、ゼミ生一同、理事長室に向かう。

大己は、居合わせた理事長に歩み寄る。

「潔美には正当防衛ではなく、殺意があったこと。
30cmの身長差があるのに、遺体の傷先が上から下に向かっていることから、殺意があること。また、手首にできた傷は、成瀬が潔美を藪に連れ込もうとしたときにできた傷だと潔美が主張していたが、成瀬さんが潔美さんを引き留めようとしたときにできた傷ではないか?」という。


理事長は反論する。
「いずれ裁判で明らかになることだ。でも一番問題なのは、生徒の自主性を重んじすぎる佐川教授の教育方針は問題だ。まさに君(大己)のような生徒のことなんだ。」

佐川教授は反論する。
「ちょっと待ってください。自分のやり方が間違っていたとは思えません。学生が枠をはみ出してしまうことはあるかもしれませんが、その経験は決して無駄ではない。遺族の心情を理解しようとして努力してきた人間にしか拾えない声がある。」


一方、刑事の取調室。
大和田刑事(山崎樹範さん)は、佐川教授の人柄を語る。潔美は自供を始める。

友人の裕子が自殺したのに、成瀬がのおのおと幸せそうに結婚して何事もなく生きていることは絶対に許せない
それが動機で成瀬を通勤帰りに待ち伏せしてナイフで殺したと語る。
ただ、成瀬さんは、潔美を呼び止め、裕子さんの強姦の件はずっと本当に申し訳ない気分だったんだ。ごめんね、と泣きながら、死に絶える。

佐川は、大己に屋上で語る。
「法医学者は、想像するだけでなく、事実を積み重ねていく必要がある。プロとしてやっていくには、イマジネーション(想像力)は解剖室の中で発揮されるべきだ。でも、おまえにしか聞けない声がある。おまえに出会ったときからずっとそう思っている」

大己は、勧誘され惹かれていた佐川が退官してしまうだけに、法医学者になるべきか否か未だ迷う。
「もう少し考えたいんだよね。本当に法医学が好きなのか。自分の中で答えがはっきりしないんだ。」

佳奈子は答える。
「好きでもないことそんなに考えないでしょ。答えを探したり、理由を求めている時点で好きということでしょ。本当に好きなことほど、簡単に好きといえない気がする。」

大己は、佳奈子に目を閉じるよう頼む。恋心を抱いていた佳奈子は素直に目を閉じる。

大己は、いたずらで、キスをするのかと思いきや「3.5点」の応募シール(小皿を集める佳奈子が集めていたパンのシール)を貼って、佳奈子の顔は3.5点だと笑わせる。

後日、佐川教授は、大己を自室に呼ぶ。
15年前の地下鉄火災事件にプレイバックする。

当時、佐川も、大己と同じように、当時法医学者になるべきか臨床医になるべきか悩んでいた。

佐川は、幼い大己に聞かれる。「死んじゃった人にお医者さんはいらないの?」
佐川は答える、「亡くなった人にもお医者さんはいるんだよ。そのお医者さんが最後の声を亡くなった人にちゃんと伝えてくれるんだ」
佐川は、大己の一言で、法医学者になったことに腹を決めたことをあかす。
大己は答える。「法医学選んでよかったです。法医学を続けます。」

佐川教授は、教授会の決定に従い、東凜大学から離れ、鹿児島の大学に赴任。
夏井川助教が教授に昇格して蕪木教授と二人で法医学研究室を仕切ることになる。</strong>
そこへ、大己が一人法医学研究室に向かうところでエンディング・ロール。
法医学者への道を進むのでした。

今回は、佐川教授の法医学への熱意と、大己の迷い、それゼミの教授とゼミ生の師弟愛が中心に描かれていた気がします。

フジテレビのVOICEの公式サイトに、第11話の公式のストーリーが掲載されます。詳しくはこちらをクリックしてくださいね

それにしても、これで、「ヴォイス」終わっちゃいましたね。
season 2とかやらないかな。


また、矢田ちゃんファンのちゃたろうとしては、また、連ドラに出てほしいものです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪

また、矢田ちゃんのファンサイト「Akko's Planet」も開催していますので、こちらもよろしく。

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/24 01:14】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(5)
月9「ヴォイス」#11(終)「別れの時、僕らの明日」あらすじ
月9「ヴォイス~命なき者の声~」の第11話(最終話)「別れの時、僕らの明日」(3/23(月)21:00~22:09)のあらすじを紹介します。

以下、フジテレビ「ヴォイス~命なき者の声~」の公式サイトから引用します。


東凛大学の解剖室に、胸をナイフで刺され死亡した成瀬喧一の遺体が運び込まれる。刺したのは坂田潔美という女子高生で、ナイフを持って襲い掛かってきた成瀬ともみ合ううちに刺してしまったと正当防衛を主張。彼女の体にもみ合ったときにできたと思われる傷があること、さらに、成瀬が強制わいせつ事件で逮捕された過去があることからも、潔美の主張は正しいと思われる。

 ところがその後、加地大己(瑛太さん)、石末亮介(生田斗真さん)、久保秋佳奈子(石原さとみさん)、桐畑哲平(遠藤雄弥さん)、羽井彰(佐藤智仁さん)らは、夏井川玲子(矢田亜希子さん)から佐川文彦(時任三郎さん)が潔美の正当防衛に疑問に呈し、警察にもその方向で捜査を進めたほうがいいと助言したと聞き驚く。潔美は大学の理事長の親戚であったため、それを知った理事長は激怒。他大学に再解剖の依頼を出す。大学内では、鑑定結果次第で佐川の進退問題に発展するのではないか、との噂が流れる。



さらに、前回の予告編を見ると、法医学ゼミもいよいよ終了かな??

とても気になります。><

それでは、最終回は、3/23(月)21:00~22:09の75分拡大放送(15分拡大)です。「VOICE」お見逃しなく!

また、VOICEの公式ホームページには、瑛太さんの最終回直前インタビューと、「ヴォイス」クランクアップの模様が掲載されていますので、クリックしてくださいね♪
(キャスト、スタッフの皆さん、撮影本当にお疲れ様でした)

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/22 01:30】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(0)
月9「ヴォイス~命なき者の声~」#10「最後の大勝負」甘口レビュー
月9『ヴォイス~命なき者の声~』の第10話『最後の大勝負』を見ました ♪おもしろかったです。

★ネタバレ注意です。★

実家の病院でアルバイト中の石末亮介(生田斗真さん)は、入院患者に桜井真也(田村亮さん)という有名作家がいることに興味を示す。

桜井は末期の大腸がんだが、容体が安定してきたため一時帰宅が許可される。ところが、そんな矢先、容体が急変し、桜井は死亡してしまう。

桜井の妻・瑠美子(麻生祐未さん)は、納得がいかないと主治医・梅木(福井博章さん)に詰め寄る。間に入った亮介の父で院長の貴之(名高達男さん)は、

病院は適切な治療を行って来たが桜井が予想外に腸閉塞から腹膜炎を起こしたことが死因となったと説明する。

梅木はシスプラチン(シス、抗がん剤)の投与が原因ではないかと自責の念に駆られるが、院長は「シス」の投与がなかったとカルテを改ざんしていた。


( -ω-)うむ 、「白い巨塔」を見ていたちゃたろうとしては、このあたりのストーリー展開の「雰囲気」がプチ「白い巨塔」になるのかなと思ってしまいました。
財前教授(唐沢寿明さん)と里見医師(江口洋介さん)、東医師(石坂浩二さん)、関口弁護士(上川達也さん)が出てきそうな雰囲気でしたね。豪華!
もちろん、矢田ちゃん演じていた夏井川助教は、東佐枝子さんにチェンジで。 ( ̄∀ ̄ ) にゃはは




 一方、亮介は、何かに引っかかりを感じ桜井のカルテを確認。そこに数日前とは明らかに違う筆跡での書き込みを見つける。また、看護婦の奈津実(さとう里香さん)から、昨日は「シス」の投与をしたはずだという証言を受ける。

 解剖で真実を明かすことが、時として遺族を苦しませることになる――。突きつけられた現実に、亮介らの気持ちは揺らぐ。そんな中、大己は法医学は遺族に喜んでもらうためではなく、亡くなった人の最後の声を繋ぐためにあるのではないかと、語りかける。

 その頃、亮介は病院で見かけた瑠美子(麻生祐未さん)に声をかけると、自分も桜井(田村亮さん)の死に疑いを持っていると明かす。父親を疑うのは怖いことだが、自分に失望しないためにも桜井の死をあやふやなままにしたくないと亮介。

そして、瑠美子に桜井の遺体を解剖しないか、と切り出す。

加地大己(瑛太さん)の言葉に勇気づけられた石末亮介(生田斗真さん)は、急死した作家・桜井真也(田村亮さん)の妻・瑠美子(麻生祐未さん)に承諾解剖を勧め、瑠美子もそれを受け入れる。

 解剖室で遺体を執刀した佐川文彦(時任三郎さん)は、死因とされた腸閉塞は見られないと診断。病気以外の死因が絡んでいるかもしれない、と言う夏井川玲子(矢田亜希子さん)に、大己、亮介、久保秋佳奈子(石原さとみさん)らは衝撃を受ける。

 真也が解剖されたという情報は、真也が死亡した石末総合病院の院長・石末貴之(名高達男さん)にも届いていた。解剖を勧めたのが息子だと知った貴之(名高達男さん)は、それでも病院の処置は正しかったと主張する。

 佐川と玲子は、院長が医療ミスで死亡した可能性はあるが、死因になったとされる抗がん剤の不適切量の投与があったかどうかは不明だと言う。医療ミスを立証するには、法医学だけでは不十分で、

石末総合病院側に過失があったという証拠が必要だ。しかし、それを知るのは病院側だけで…。


留美子に「解剖なんかしなきゃよかった!」と慟哭(どうこく)され、亮介は、考えの甘さと無力感に深く落ち込む。







翌日・・・。

そのとき、亮介は夏井川助教に「後悔し続けたままにするのか、いずれ振り返ったときによかったなと思えるようにするのは自分次第なのよ。桜井さんに解剖を勧めたあなたの選択は正しかった」と励ます。

亮介は、梅木医師に抗がん剤「シス」の過剰投与が死因ではないかと責めるが、梅木医師は、あの措置は適切だったと抗弁する。

次に、桜井先生の前任の医師の仙台第一病院の宮島先生とコンタクトしようとする。

一方、大己は、亡くなった作家の妻、留美子の家を訪れる。

大己が、解剖を進めた亮介を許してほしいと留美子にいい、留美子もあの日は気が動転していてこちらこそ申し訳ないと謝る。

大己は、同じタイプの大量の「ボールペン」と最後に残した「18金」と書かれたメモを見る。

留美子は、結婚したのは、桜井の小説のファンだったことがきっかけで、でも、意地ばかり張ってばかりの人だったと振り返る。

ゼミの五人の一同は、医療ミスを立証するなんて不可能だというが、亮介は、彰(佐藤智仁さん)のバイクに乗って仙台に向かう。

小説家の桜井さんは、長崎県人会の所属であることがわかる。

大己は、大作家の担当に新任の主治医の担当をつけることを疑問に思う。

仙台第一病院では、腎機能障害から、桜井さんへの「シス」の投与は絶対にあり得ない!、という告白を亮介と彰は受ける。

帰京後、亮介は院長の父に、梅木先生に腎機能障害であることは伝わっていなかったことによる医療ミスであり、父の院長に医療ミスを認めてほしい旨、詰め寄る。

一方、通常の治療で使用される量をはるかに超える「モルヒネ」が投与されていたことが判明する。

そのとき、テレビでは院長が桜井の死についてお詫び会見がニュースで流れる…。

桜井の死因は、腎機能障害を持っている不適切な抗がん剤投与による副作用による死亡事故であることを、マスコミの前で証し、医療ミスであることを院長は認める。

そのとき、大己は、謝罪会見で、院長のポケットに、作家の桜井さんと全く同じボールペンを胸に挟んでいるところをみて、不審に思う。
大己は、Webサイトで、石松院長が長崎県出身であることを知る。

大己は一人、県人会の西村寮を訪れ、大学時間、桜井先生と石末亮介が隣同士の部屋であることを知り、二人が将棋などを差し合う、大の仲良しであることを知る。

大己はつぶやく。「最後の別れだったんだ!」

ここから、話が一転し始める。

亮介と院長が二人でいるところに、大己と、留美子が訪れる。

大己は打ち明ける。


「胸ポケットに入っているボールペン、桜井さんが愛用していたものですよね。本当は、桜井さんは医療ミスではなかったんじゃないですよね!
余命を宣告されても最善の治療を受けたいというのが普通の考えです。でも、桜井さんは、石松先生の病院に移りたいと申し出しました。
桜井さんと石松先生は同じ県人会で、大学時代とても仲がよかったみたいですね。尊厳死を認めてくれって!」

桜井さんには、モルヒネの濃度からして、痛みで苦しむことなく安らかに息を引き取ってほしい、という思いがあったのではないか、と思ったんです」。



院長は打ち明ける。

「ここに移ってきてから揺るぎない覚悟でここに移ってきたとすぐにわかりました。」

桜井「頼みたいのは治療じゃないんだ。もってあと1年。昔からいつ死んでもいいと思ってきた。紡いだ言葉の一つ、一つが生きている証しだった。
でも、ここ数ヶ月、頭の中の言葉や妻との思い出もがこぼれ落ちてしまうんだ。日に日に記憶が薄れていくのが怖いんだ。怖いんだよ!
オレは無様な姿を妻に見せたくない!留美子には、最後の最後まで桜井真也のままでいてやりたいんだ。桜井真也のままで死なせてくれ。
おまえならわかってくれるよな?オレの最後の望み、おまえにも託してもいいよな?」

院長「桜井さんは奥さんのことを気にかけていました。尊厳死を選んだとしたら、自分勝手だとひどく悲しむだろう。俺たちの仲は妻には絶対内緒にしておいてくれ。」


また、「18金」は、「1八金」で将棋の「封じ手」。昔で浴さしていた将棋のことです。

桜井「貴之、おまえに出会えてよかった。勝負の次は、こんどゆっくりやろうな。」

これが桜井さんの最後の言葉になります。

院長「担当医師は何も知りませんでした。すべて私が画策したことで…。、このたびの責任はすべて私にあります。誠に申し訳ありませんでした。」
留美子「ありがとうございました。主人のわがままを最後までおつきあいいただいて本当に感謝しています。」

最後に、院長が警察に出頭するとき、「世間の人は親父のことをどう思っているかわからない。医者として最低のことをしてしまったことをしてしまったかもしれない。でも、おれは、最高の親父だと思っている。
だからこそ、親父を超えられるような人間になるから。」


( ̄-  ̄ ) ンー、ということで、ちゃたろうの予測は見事に外れました。「(≧ロ≦) アチャー


( -ω-)うむ 、「今回のテーマは、「尊厳死」や「安楽死」のテーマで、生命倫理の問題ですからとても軽々に語れる話題ではないですね 。
学術界でも意見が二分している状態です。ちゃたろう的には意見は保留したいと思います。以下、Wikipediaからの引用です。

尊厳死とは、人間が人間としての尊厳を保って死に臨むことである。

尊厳死を保つための手段のひとつとして、苦痛から解放されるためにペインコントロール技術の積極的活用が挙げられる。
無意味な延命行為の拒否については、実際に死を迎える段階では意識を失っている可能性が高いため、事前に延命行為の是非に関して宣言するリビング・ウィル(Living Will)が有効な手段とされる。

末期がん患者など治癒の見込みのない人々が、QOLと尊厳を保ちつつ最期の時を過ごすための医療が終末期医療(ターミナルケア)である。

生存権を脅かしかねないものとして尊厳死を警戒する立場の人もいる。
森岡正博は、尊厳死を望む根底は「生産性のある人間のみが生きるに値する」という価値観だと指摘している。
安楽死・尊厳死法制化を阻止する会」という市民団体は、尊厳死という名のもとに、殺人や自殺幇助が一般化する可能性があると主張している。



フジテレビのVOICEの公式サイト
に、第10話の公式のストーリーが掲載されます。詳しくはこちらをクリックしてくださいね。

さて、来週はいよいよ最終回です。お楽しみに!!!

「法医学ゼミ」が解散!?いったいどうなるんでしょうね。大変気になります。><

次回最終回3/22(月)は、21:00~22:09の15分拡大放送(75
分放送)になります。

P.S. WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日韓戦の影響で前回の第9回のレビューがかけなくてごめんなさい。人( ̄ω ̄;) スマヌ

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/17 00:09】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(2)
月9「ヴォイス~命なき者の声~」の#9「雨を読めた男の死」のあらすじ
月9「ヴォイス~命なき者の声~」第9話「雨を読めた男の死」(3/9(月)21:00~21:54)のあらすじを紹介します。

以下、フジテレビ「ヴォイス~命なき者の声~」の公式サイトから引用します。

東凛大学の解剖室に、男性の遺体が運び込まれる。ビルの窓拭きを請け負う会社社長の男性・宇野慧は、作業時にビルから落下したとされるが、調査の結果、落下原因と思われる命綱の不具合は見つからない。

 加地大己(瑛太さん)は、久保秋佳奈子(石原さとみさん)とともに、佐川文彦(時任三郎さん)と夏井川玲子(矢田亜希子さん)の解剖を手伝いながら、ベテランの宇野が落下した理由が気にかかる。
そして解剖後、佳奈子を連れて遺体発見現場へ。宇野が落下したビルの前に立った大己は、不自然な拭き残しがあるのを見つける。

 その頃、実験室で桐畑哲平(遠藤雄弥さん)と薬毒物検査を行っていた蕪木誠(泉谷しげるさん)は、宇野の血中から意外な成分を検出する。



予告編では、「自殺?」「保険金目当て?」と物騒な会話も飛び出しました。
いったい、どうなることやら・・・。

それでは、第9話、明日3/9(月)21:00~放送です。「VOICE」お見逃しなく!

また、VOICEの公式ホームページには、桐畑哲平役の遠藤雄弥さんと羽井彰役の佐藤智仁さんのスペシャルトークの前編が掲載されていますね。
詳しくはこちらをクリックしてください。二人とも公私ともに仲が良さそうですね♪

また、関東地区では、「ヴォイス」が3/9(月)からチャンネルαで第1話から再放送されます。詳しくはこちらをクリック。


テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/08 15:09】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(1)
東北放送(宮城県)で3/11~「恋ノチカラ」再放送決定!
3/11(水)から、東北放送(宮城県・仙台地方)にて「恋ノチカラ」が再放送されます。
初回放送は、3/11(水) 15:00~16:00です。

以後、毎日(平日)、15:00から1話ずつ放送時間の予定です。全11話です。
放送時間帯は、ホームページ、電子番組表(EPG)などでご確認ください。

出演:深津絵里さん、堤真一さん、矢田亜希子さん、坂口憲二さん、西村雅彦さんなど


σ( ̄。 ̄) あちきの知る限り、フジテレビ、テレビ西日本(福岡)、テレビ静岡、関西テレビについで、今年で5局目の放送ですね。

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/08 14:32】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(0)
首都圏・フジテレビ月9 「ヴォイス」追っかけ再放送のお知らせ
現在放送中の、月9『ヴォイス~命なき者の声~』再放送がフジテレビ(首都圏)で決定しました!v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪
初回から見ているという方はもちろん、今まで見逃していたという方も、この機会にぜひ、チェックしてくださいね♪

初回放送は、3/9(月)15:57~16:53です。

ヴォイス再放送スケジュールはこちら

第1話 「失われた命を救う医学」…… 3月9日(月) 15:57~16:53
第2話 「卵持って感電した男」…… 3月10日(火) 15:57~16:53
第3話 「15年前の母の死因は」…… 3月11日(水) 15:57~16:53
第4話 「解剖台の上の親友」…… 3月12日(木) 15:57~16:53
第5話 「見えないスクープ写真」…… 3月13日(金) 15:57~16:53
第6話 「予期された入院患者」…… 3月16日(月) 15:57~16:53
第7話 「命がけのタイムセール」…… 3月17日(火) 15:57~16:53
第8話 「決して消せない炎」…… 3月18日(水) 15:57~16:53
第9話 「雨を読めた男の死」…… 3月19日(木) 15:57~16:53


※関東地方のみの再放送です。
【2009/03/08 14:25】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(0)
月9「ヴォイス~命なき者の声~」の#8「決して消せない炎」の甘口レビュー
月9『ヴォイス~命なき者の声~』の第8話『決して消せない炎』を見ました ♪おもしろかったです。

★ネタバレ注意です。

まず、導入。
哲平(桐畑哲平さん)DVDを「保存用」「観賞用」の2セットを持っていることは不合理だと大己に突っ込まれる。
でも、ヲタク心理としては、これはあるのかな?

( -ω-)うむ 、あちきはあまりないですね。ちょっと合理主義的(ケチ)すぎるのかな?

そして、本題
東凛大学の解剖室に、火災現場で死亡した60代の男性が運び込まれる。男性・今成卓見(平田満さん)は警備員で、自宅付近の火災現場で発見されたが、
胸に子供の遺体を抱えていたという。今成と子供に面識が全くない上、子供がカーペットに包まれていたことから、今成に放火犯の疑いもかかる。

 その後、解剖が行われ、加地大己(瑛太さん)、石末亮介(生田斗真さん)、桐畑哲平(遠藤雄弥さん)、羽井彰(佐藤智仁さん)は、佐川文彦(時任三郎さん)から、今成が肝炎を患っていたことを聞く。

 そんな中、解剖作業をしていた哲平は、夏井川玲子(矢田亜希子さん)から今成の肝臓を実験室に運ぶように指示される。ところが、途中でシャーレを落としてしまう。
慌てて割れたシャーレと肝臓を拾い集める哲平。子供の両親が放火犯だと泣き叫ぶ両親に動揺して、哲平の指にはシャーレの破片で指を切り出血が…。物音を聞き駆け込んできた佐川は、出血した哲平の指をあわてて洗浄する。徐々に青ざめる哲平。

 同じ頃、蕪木誠(泉谷しげるさん)は、今成がB型肝炎であると突き止める。感染していたら哲平の命に関わるだけに、大己らは検査結果が気にかかる――。

( -ω-)うむ 、まさに、法医学は感染リスクとかトラウマとかと隣り合わせですね。

佐川は、哲平に入院して検査結果が判明するまで、自宅待機を命じる。

5人も不測の事態に強い衝撃を受ける。

夏井川助教は、解剖には感染リスクが伴うこと。知り合いの監察医に結核に感染してしまった人がいる。気を引き締めるよう注意する。
(後に、その知り合いの監察医が玲子の父親で現役の監察医であること、そのため玲子が監察医になることを反対されたことを明かす。)

( -ω-)うむ 、矢田ちゃんはやっぱり相変わらずかわいくて美人ですね。( ̄▽ ̄)。O0○ ぽわわわわ~~~ん

新聞で、火災の原因はストーブの火の消し忘れが原因であることを知る。
大己は、どうして赤の他人の子供をかばったのか不審に思う。
それに対し、友人の彰と、(海外研修プログラムの面接で解剖を代行してもらった)加奈子はB型感染の可能性がある平のことが気になって、今成さんの死因の解明なんてどうでもと言い深く落ち込み手に付かない。
大己、「どうして?」と今成の死因を不審がるが、羽井は、「もうどうでもいいだろ!今心配するのは哲平のことだろ」と憤る。

大己は警備会社を訪れ、今成さんが無口で神経質で詰め将棋が好きだったことを知る。

一方、哲平の部屋。心配な佳奈子と彰が部屋を見舞う。
哲平は海外ドラマの「CSI:科学捜査班」にひかれて法医学を「なんとなく」あこがれていた。また、両親には歯科医を継ぐことを勧められていたのだった。
自らへのB型肝炎の感染が現実味を帯びてきた哲平は、「謝らなくていいですよ。自分が馬鹿だったんですよ。
感染していようと感染していまいと、法医学を辞めようと思っている。今まで、人の死は他人事だと思っていたけれど、・・・。、法医学ゼミへの動機は表面的なことにあこがれにすぎなかっただけだった
」と、彰と加奈子に告白する。


以後、大和田刑事の情報によると、今成は警備員になる前に、科警研(科学警察研究所)の火災担当のセクション出身であると明かし、火災のプロなのに皮肉なものだなと嘆く。
また、黒こげのサッカーボールのキーホルダーは現場で焼けたことではないことが判明する。

すっかり意気消沈している4人とは別に、大己は、一人科警研を訪れる。
今成さんの部下の矢野さん(田中実さん)は、今成さんは普通の大人しい上司だと語る。
また、大己が発見したCSI」のDVDに対して、矢野さんは、「俺にとってこれは今成さんの大切な形見」だと語る。
「で、今成さんがB型肝炎だったことはご存じですか?」と答えると、
矢野さんは「・・・」

また、今成さんの上司の三島は、今成さんは人と将棋を指すのは苦手で、キーホルダーは、初めての研修で火災現場で拾った時のこと、子供が焼死した現場を凝視していたときの表情は忘れられない、今成さんほど火災に精通していたやつはいない。と語る。

一方、ゼミ室。
佐川教授は「立ち止まっていてはダメなんだよな。
今何ができるか、今何をすべきか、目の前にあることを淡々とすることしかない。でも、そうすることで少しずつ先が見えてくる」
と佳奈子に語る。

佳奈子は、佐川の言葉に触発されたのか、絨毯(じゅうたん)の破片を分析する。
一同は、子供を包んでいた絨毯(じゅうたん)の重さが推計7kgであり、子供を運ぶには重すぎるんじゃない点に疑問点を抱く。

大己はつぶやく

「救い出したかったんじゃなかったんだ!」

哲平は採血の後、法医学ゼミの教室に行き、「もう法医学と向き合う自信がないんです。今回のことで自分の弱さを痛感した。」と辞める旨告白する。

そこで、大己は哲平を諭すように語る。

大己は、今成さんがCSIの大ファンだったことを哲平に明かす。
今成さんは、「保存用」「観賞用」とともに「プレゼント用」の3セットを購入した。
大己は、今成さんが、異動したばかりの部下の矢野さんのうっかりミスで、B型肝炎のウイルスに感染してしまったことを明かす。

矢野さんは一人ショックで、自宅に閉じこもるが、今成さんから「CSI」のDVDのプレゼントが届く。
「家でいたってどうせヒマでしょ。これでも見てなよ。」って

普段は物静かな上司の今成さんの意外な優しい心遣いに矢野さんは感動する。

勇気を出して矢野さんが研究所に行ったとき、今成さんは
この職場では、自分の身に危険が迫ることは驚くことじゃない。それくらいの覚悟はあるんだよ。そうでもなきゃ、人様の死に首を突っ込んだり、遺族と向き合うことはできない。もし、俺に申し訳ないと思うなら、この仕事を続けろ!」と部下の矢野さんを励ます。
感涙にむせぶ矢野さん。

(T-T) ウルウル いい話ですね

大己は「今成さんが火災現場に着いたとき、子供はすでに息を引き取っていたんじゃないか。でも、どうしても遺体を守りたかった。火災現場の子供の焼死体が、残された遺族に大きな精神的ショックを与えないため、カーペットで遺体が傷つかないよう決死の想いで遺体をくるんだんですね。
今成さん、本当にプロフェッショナルだったんだな。残された遺族のことをそこまで考えるなんてすごいことだと思う。」と語る。

決死の覚悟で、カーペットを巻き終えたところ今成さんも一酸化炭素(CO)中毒で息を引き
とります。

今成さんの二つの優しさとプロフェッショナル魂に心打たれた一同。

大己の言葉に感銘を受けた、哲平は、涙を流す。

そして、哲平は佐川に「検査の結果にかかわらず、法医学を続けたい!」
と言う。
佐川教授「うれしいことを言ってくれるな!」と言って、検査の結果を聞きに病院に行く。

( -ω-)うむ 、今回は今成さんの声(VOICE)は、五人(とりわけ哲平の心)に届いたんですね。

四人は哲平の無事を祈り、神社へ。
「健康祈願」のお守りを10個も買っちゃう羽井君は本当に優しいですね。


そのとき、病院から大己にケータイで電話が。
「哲平、セーフだった!!!」
哲平はB型肝炎に感染しないことがわかった。

( -ω-)うむ 、まあ、バッドエンドにならなくてよかった。めでたし。めでたし。


五人の結束は回を追うごとにますます強くなっていきますね。


今回は今成さんのプロフェッショナルの魂みたいなものを感じることができました

フジテレビのVOICEの公式サイトに、第8話の公式のストーリーが掲載されます。詳しくはこちらをクリックしてくださいね。



なお、劇中に出てくる「CSI」とは、Wikipediaの説明によると以下の通り。

『CSI:科学捜査班はアメリカ・CBSのテレビドラマ(海外ドラマ)シリーズ。日本では、WOWOW及びAXNが放送している。
次々起こる難事件を科学捜査班(CSI = Crime Scene Investigation、正しくは鑑識班)が最新科学を駆使して、現場証拠から犯人及び犯行過程を解明していく。
1エピソードごとに複数の事件をチーム分けで担当することもあれば、チーム全員で1つの事件を捜査することもある。また、必ずしも事件が全て解決する訳ではなく、
解決しても良い結果にならない場合がある。セットや小道具の全ては実際の捜査で使用する本物を用意し、現実主義を徹底させているとされる。た
全米では、『ER緊急救命室』、『フレンズ』を抜いて視聴率No.1になり、その好調さを示すように『CSI:マイアミ』、『CSI:ニューヨーク』と2作のスピンオフ作品が発表されている。



また、「CSI」公式ホームページはこちら

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/03 00:42】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(6)
月9「ヴォイス~命なき者の声~」の#8「決して消せない炎」のあらすじ
月9「ヴォイス~命なき者の声~」の#8「決して消せない炎」(3/2(月)21:00~21:54)のあらすじを紹介します。

東凛大学の解剖室に、火災現場で死亡した60代の男性が運び込まれる。男性・今成卓見(平田満さん)は警備員で、自宅付近の火災現場で発見されたが、
胸に子供の遺体を抱えていたという。今成と子供に面識がない上、子供がカーペットに包まれていたことから、今成には放火犯の疑いもかかる。

 その後、解剖が行われ、加地大己(瑛太さん)、石末亮介(生田斗真さん)、桐畑哲平(遠藤雄弥さん)、羽井彰(佐藤智仁さん)は、佐川文彦(時任三郎さん)から、今成が肝炎を患っていたことを聞く。

 そんな中、解剖作業をしていた哲平は、夏井川玲子(矢田亜希子さん)から今成の肝臓を実験室に運ぶように指示される。ところが、途中でシャーレを落としてしまう。
慌てて割れたシャーレと肝臓を拾い集める哲平。物音を聞き駆け込んできた佐川は、出血した哲平の指を洗浄する。

 同じ頃、蕪木誠(泉谷しげる)は、今成がB型肝炎であると突き止める。感染していたら命に関わるだけに、大己らは検査結果が気にかかる――。



今回は、男性の平田満さん演じる今成卓見の死因の解明と、サブテーマにB型感染()の院内感染(血液感染)になるのでしょうか?
遠藤雄弥さん演じる、ムードメーカーの桐畑哲平さんが、無事感染していないことを祈りたいですね。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪



また、VOICEの公式ホームページには、羽井彰役を演じる「バースデー・サプライズ」の模様が掲載されています。全文はこちらをクリックしてください。
以下、一部抜粋します。


「羽井彰役を演じる佐藤智仁さん。去る2月22日に25歳の誕生日を迎えられ、そのお祝いが行われました。
すでにお気づきかもしれませんが、『ヴォイス』主要キャストの大半は、12月~3月生まれ(期間外は、生田斗真さん<10月7日>、泉谷しげるさん<5月11日>だけ)なのです」(引用)


佐藤智仁さんのコメントです。


「最初は、どうなるのかと思いましたけど(笑)、こんなに盛大にお祝いしてもらって、めちゃくちゃ嬉しいです! 去年の誕生日はひとりだったような気がしますが、
今年はこんなに素敵な仲間に囲まれて最高の誕生日になりました。最高の25歳です! みなさん、本当にありがとうございました!」




ドラマの羽井彰さんとは違った佐藤智仁さんの笑顔が自然ですてきですね。(* ̄∇ ̄)/゜・:*【祝】*:・゜\( ̄∇ ̄*)誕生日おめでとうございます。


テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/03/01 00:59】 | 矢田亜希子さん | トラックバック(0)
カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ちゃたろう

Author:ちゃたろう
大阪府在住。30代前半。男性。熱烈な矢田ちゃんファンです。おまけに、PC関係もあたらしい物好きのミーハー。( ̄∀ ̄ ) にゃはは
そんなおちょこちょいの僕だけど、どうか(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚よろしく♪
ちゃたろうの開設している

矢田亜希子さんの非公式ファンサイト「Akko's Planet」

も☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

アクセスカウンター

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

:矢田亜希子 :ブログ SEO対策:ファン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。